FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.12.15

神待ち Mくん

初体験の話をします。あれは中2の春のことでした。相手はクラスメイトの
Mくんです。Mくんと私は生徒会の役員をしています。ある日、生徒会室で
雑談していたとき、Mくんから「エッチしようか?」と言われ、
反射的に「ウン」と言ってしまいました。会議用の大きな机をベッドにし、
それぞれ自分の服を脱ぎ、私は机の上に寝てMくんを待ちました。Mくんは
床に立ったまま私のあそこを指で広げ、指を入れて「こう成っているんだ、
ココに入れればいいんだね」と言ってから、机の上に乗って、私の足を
広げたと思うと、あそこの何かあたる感じがして、Mくんが入ってきました。

急に押し広がられた、火傷した様な痛みを感じました。その瞬間、Mくんは
呻き声を上げ「出ちゃう」と叫びました。Mくんはつながったまま、「あそこ、暖かくて・締まって気持ちいいよ、入れた瞬間に行っちゃったよ。
「もう一回出したいから、このまま続けるよ」と言って、腰を使い始めましたが
すぐに「行く~」と言って、激しく腰が動き止りました。それが終わって、
抜いてくれました。

それから、「結構巨乳だな」といって、オッパイを揉み始め「オッパイ
柔らかくて、弾力あって気持ちいいな」。それから「また、立ってきた。もう
一回お願い」と私の中に入ってきて、また腰を振りました。

二回目のセックスは2~3日後でした。金曜に「明日の土曜日デートしよう」と
Mくんにデートに誘われました。デートといっても中学生なので、学校の近くの
ある公園で、彼とお話しただけです。その、公園のはずれにある東屋でエッチ
しました。東屋は横になる場所がないので、裸になって、立ったままお尻を
彼のほうに突き出しで、後ろから愛してもらいました。

それから、二人はセックスフレンドになり、すぐに「溜まった、出させてよ!」と
エッチを求めてくるようになりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。